本文へ移動

プラセンタ注射

プラセンタ注射をお考えの患者様へ

当院では、プラセンタ注射をご希望の患者様・これからご検討される患者様へ安心していただけるよう薬事承認を受けているラエンネック・メルスモンを使用しております。
気になる患者様は一般の診察時に医師、看護師、受付にその旨をお伝えください。

このようなお悩みの方におすすめ

副作用について

プラセンタは、比較的副作用が少ない製剤であり、注射する漢方薬などとも言われることがありますが、下記のような点が確認されておりますので、症状が現れる方・気になる患者様は医師へご相談ください。
  • 注射部位の疼痛
  • 過敏症(発疹・発熱・掻痒感など)
  • 注射部位の硬結
  • 頭痛
  • 肝機能障害(AST,ALT 上昇など)が報告されています。
また、ヒト組織由来のタンパク・アミノ酸などを含有する製剤であるためショックを起こすことがあります。

プラセンタの安全性について

プラセンタ注射ご希望の方は必ずお読みください

プラセンタは、人の胎盤(臓器)を原材料としているため、グロースファクター(成長因子)や栄養素を含み、身体の組織づくに必要な役割を担っています。一方でプラセンタ注射は生物由来(ヒト)の製剤のため、献血ができなくなります。当院では、厚生労働省の指導によりプラセンタ注射を受ける方にはしっかりと説明の上ご納得いただき、承諾書ご署名をいただいて施術を行っております。

よくあるご質問

即効性、持続性はあるのか?
保険適応できるの?
プラセンタは何種類あるんですか?
日常生活で制限はありますか?
TOPへ戻る